Admin + RSS

ヒトコトシネマ☆インプレッション

「ヒトコト」と言いつつダラダラと映画の印象を紹介。大劇場系から文芸・アニメ系。新旧問わず節操無しシネマブログです
☆気になった感想があったら
クリックしてください☆







順位が上がると管理人が喜び
がんばって更新します☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Recent Entries

Comment

Trackback

Bookmark

No. - --.--.-- (--:--) [スポンサー広告]
Title : スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラックバック(-) / コメント(-)
No.44 - 2005.04.02 (14:56) [あ・い・う・え・お]
Title : 陰陽師 II -おんみょうじ-
★前の方がまだマシだったorz

42_onmyouji2.jpg
陰陽師 2
2003/日本 監督:滝田洋二郎 脚本:夢枕獏、滝田洋二郎、江良至
 ⇒☆この映画を、【TSUTAYA DISCAS】でレンタルする

萬才さんは文句無し。今回は狩衣着ての殺陣、アメノウズメに扮しての舞い、アメノミハシラを上るシーンは何度も観ていい。中井貴一も楽しそうやった。深キョンもかなり可愛かった。特撮も、たぶん、そんなにけなされるほどのものじゃないとは思う。誉めるところは点々とあるのに、トータルで観るとあまりにもショボすぎorz
作り手の「一昔前の日本映画の悪い影響」ばかりが出た、典型的な作り。『学生の学芸会』と言う、一緒に観に行った友人の指摘は当たってる。

作り手の志は高かったと思う。富士山作りたかったんだろうけど、出来たのは天保山だった模様…

【人気ブログランキング!】もう映画は作らなくていいです(泣)

トラックバック(2) / コメント(2)
No.43 - 2005.04.02 (14:26) [あ・い・う・え・お]
Title : 陰陽師 -おんみょうじ-
★どうしてこうなるんだろう…orz

40_onmyouji.jpg
陰陽師
2001/日本 監督:滝田洋二郎 脚本:福田靖、夢枕獏、江良至
 ⇒☆この映画を、【TSUTAYA DISCAS】でレンタルする

もともと、夢枕獏さんはデビュー当時からファンだった。『陰陽師』は文庫版を手にして、あっという間に好きになった。かれこれ15年前のことだ。岡野玲子さんのコミック化も、良い意味で原作を突き抜けていて、これまたファンになった。以後、陰陽師ブーム到来で、NHKがドラマ化したりも。これは語りたくないので、そっとして欲しい…。

そんな訳で、満を持しての映画化ではある。

続きを読む
トラックバック(2) / コメント(2)
No.42 - 2005.04.01 (23:09) [あ・い・う・え・お]
Title : おもひでぽろぽろ
★“死ぬのを怖れて、生きることが出来ない”

39_poroporo.jpg
おもひでぽろぽろ
1991/日本 監督、脚本:高畑勲
 ⇒☆この映画を、【TSUTAYA DISCAS】でレンタルする

子供の頃のタエコが、好きな男の子と、ほんの少し心が通じたシーンがある。その嬉しい気持ちのまま、空へ駆け上がっていくタエコ。アニメでしかできないこの表現は、私の大好きなシーンでもある。

続きを読む
トラックバック(0) / コメント(0)
No.41 - 2005.04.01 (22:24) [あ・い・う・え・お]
Title : お引越し
★女優・田畑智子の片鱗

38_ohikosi.jpg
お引越し デラックス版
1993/日本 監督:相米慎二 脚本:奥寺佐渡子、小此木聡
 ⇒☆この映画を、【TSUTAYA DISCAS】でレンタルする

小さな子にとって、両親の離婚は世界の崩壊と同等の意味を持つ。親の事情なんか、察しなくても良い。しかし、どんなにイヤだと叫んでも、現実は大人の都合で刻々と進む。小さな身体で、精一杯現実と向き合って行こうとするレンコの健気さ。ただし、一片でも同情よせてはならない。同情ほど、彼女を傷つけるものはないのだから。

後半、レンコが見たのは、幻想だろうか、現実だろうか。この幻を大人への過儀礼というには軽すぎる。ただの妄想に逃げた、というと理解しなさすぎる。

本当に大切なことは、現実を受け入れる為にこんなものを見なければならない少女の、心の深い痛手と、立ち直ろうとする逞しさを認めることと思う。

【人気ブログランキング!】「おめでとうございます!」

トラックバック(0) / コメント(0)
No.40 - 2005.04.01 (18:33) [あ・い・う・え・お]
Title : 王立宇宙軍~オネアミスの翼~
★美しい箱庭の、シャイな人々

37_oneamis.jpg
王立宇宙軍~オネアミスの翼~
1987/日本 監督・脚本:山賀博之
 ⇒☆この映画を、【TSUTAYA DISCAS】でレンタルする

作画や音楽や世界観の構築は文句無し。「知らない世界だけど、どこか懐かしい空気」を表現するのに、細部まで手を入れた拵えは飽きさせない。確実に地面にしっかり足を着けて「生きる」ことの出来る、美しい箱庭だった。物語はシンプルで熱く、よこしまな動機で宇宙を目指すことになった一人の人間と、周囲の人々のキャラは面白いと思う。

続きを読む
トラックバック(0) / コメント(0)
No.39 - 2005.04.01 (13:50) [あ・い・う・え・お]
Title : 鬼戦車T-34
★鋼鉄の疾走

36_t34.jpg
鬼戦車T-34
1965/ロシア 監督:ニキータ・クリヒン、レオニード・メナケル
脚本:ミハイル・ドゥージン、セルゲイ・オルロフ


観る前は「街中で戦車が、ただ単にガンガン暴れ回る映画?」と思ってたけど、先入観を良い意味でうらぎってくれた。平和な街中やお花畑に、忽然と現れる戦車はシュールでもあるし、所々くすっと笑えるシーンもある。しかし、見終わった後、ほろ苦いものが残る。破壊だけのアクションでもなく、プロパガンダ映画でもない、真面目な文芸映画。制作する方は、そのつもりではなかったかもしれないが、結果的に、そうなったのかもしれない。

【人気ブログランキング!】行け行け、我らが鬼戦車!

トラックバック(0) / コメント(0)
No.38 - 2005.03.31 (23:54) [あ・い・う・え・お]
Title : 弟切草
★ぺっ>(・Д・)

35_otogiri.jpg
弟切草 特別編 インタラクティブエディション
2001/日本 監督:下山天/脚本:中島吾郎、仙頭武則
 ⇒☆この映画を、【TSUTAYA DISCAS】でレンタルする

映像的な演出は、まあ素直に面白かったと言っておく。「ゲームのプロモーションビデオかな」程度で。

しかし、「原作がゲームだから、こんなもんでいいだろう」みたいなノリも見え見え。ちょっと馬鹿にしてないか? 中途半端にも程がある。こんな出来で入場料取ったら、それは泥棒だと思う。

【人気ブログランキング!】ここのコメントにも困る映画だ…(笑)

トラックバック(0) / コメント(0)

Back / Home / Next

Photo by LEBELLION Template by lovehelm


iTunes_logob_120-40.gif
耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。

★セキュリティは万全に★
・ウイルスバスター2006
・Norton AntiVirus 2006
・インターネットセキュリティスイート
ウィルスバスター・オンラインスキャン(無料)はこちら

Profile

  • LINTS
  • AUTHOR:LINTS
  • 本家:http://aquavitae.jp/

    現在はいわゆる「引っ越し中」です。五十音揃うまで、修正・校正しながら、毎日ちまちまアップします。

    アップする上での4箇条
     1.思うがままに感じたままに
     2.「本文」はツカミの一言ふたことを。
      ダラダラ感想は「追記」で。
     3.「~して欲しかった」は禁句
     4.ネタバレ御免!

    リンクはhttp://aquavitae.blog6.fc2.com/へお願いします。関連記事のTBはフリーですが、商業広告目的や関係の無い記事のTBは、予告無く削除しますのでご留意を。

    管理人の日常BLOGはこちらへ。http://aqua-vitae.jugem.jp/

Archive

Category

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。