Admin + RSS

ヒトコトシネマ☆インプレッション

「ヒトコト」と言いつつダラダラと映画の印象を紹介。大劇場系から文芸・アニメ系。新旧問わず節操無しシネマブログです
☆気になった感想があったら
クリックしてください☆







順位が上がると管理人が喜び
がんばって更新します☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Recent Entries

Comment

Trackback

Bookmark

No. - --.--.-- (--:--) [スポンサー広告]
Title : スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラックバック(-) / コメント(-)
No.86 - 2005.04.22 (19:52) [か・き・く・け・こ]
Title : クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード
★おかえり、しんちゃん(ニヤリ)
38_kureshin11.jpg
映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード
2003/日本 監督:水島努 脚本:原 恵一、水島 努
 ⇒☆この映画を、【TSUTAYA DISCAS】でレンタルする

例えて言うなら。「彼はいい子になった」と思いこんだまま席に着いた瞬間、元気に『ケツだけ星人』をお披露目されました。
失望に激怒して、席を蹴って立ち去るか、爆笑と拍手を送るか。あなたはどちらですか?

私は後者でした。

前作路線を続けていれば“大人な文化人”に賞賛される映画になっただろうに、非難されることを理解したうえで、お馬鹿路線に軌道修正した(「お馬鹿」と言うより「シュール&不条理」色がかなり濃かったが)。ある意味『勇気ある』選択に、にやりとした。

ある朝いきなり犯罪者の濡れ衣を着せられた野原一家は、敵アジトがある熱海を目指す。
この「敵に追われながら、自らの意志で敵のボスに会いに行く」と言う選択は、とても分かりづらいベクトルだ。「徹底的に逃げ回るうち、偶然的のアジトへ到着する」「捕まって引き渡される」方が、流れとして納得しやすい。

しかし、タイトルの『“栄光の”ヤキニクロード』が示すとおり、捕獲されて会うのでは意味がないのだ。社会から不当な扱いを受けた時、怒りはどこに向くか。自分を不当な扱いにおとしめた存在に対して、「なぜそうするのか」と理由を聞き、「やめてくれ」と主張するのが筋。「敵に捕まる」なぞ、二重の屈辱を強いられる筋合いはない。そういうことだ。

美味しい焼き肉を、美味しく食べるための、これは野原家のプライドを賭けた闘いなのです。

中ボス三人組のカラーが強すぎて、ボスの動機付けの弱さが惜しいところ。

映画館は(当たり前だが)家族連れがいて、上映前は「子供がうるさいやろなー」と思ったが、誰も走り回らずお喋りもせず。自転車の補助輪が取れたしんちゃんに声援送ってたのと、終了して館内が明るくなった時「面白かったわあ!」とお母さんが言ってたのが印象的。つくづく、しんちゃんは、家族連れで観るための映画なんだなと思う。

【人気ブログランキング!】女装ヒロシの愛の物語(笑)は、かなり濃いと思う

★映画クレしんを語る一冊!
35_kureshinbook.jpg
BOOK:クレヨンしんちゃん映画大全―野原しんのすけザ・ムービー全仕事


★映画版11作まで収録したサウンドトラック
36_kureshin_cd.jpg
MUSIC:映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!サウンドトラック大全集
スポンサーサイト
トラックバック(0) / コメント(0)

← よしなしごと / ヒトコトシネマ☆インプレッション / クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦  →

Comment

Comment Post







 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

URL : http://aquavitae.blog6.fc2.com/tb.php/86-3e4eed9a

Home

Photo by LEBELLION Template by lovehelm


iTunes_logob_120-40.gif
耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。

★セキュリティは万全に★
・ウイルスバスター2006
・Norton AntiVirus 2006
・インターネットセキュリティスイート
ウィルスバスター・オンラインスキャン(無料)はこちら

Profile

  • LINTS
  • AUTHOR:LINTS
  • 本家:http://aquavitae.jp/

    現在はいわゆる「引っ越し中」です。五十音揃うまで、修正・校正しながら、毎日ちまちまアップします。

    アップする上での4箇条
     1.思うがままに感じたままに
     2.「本文」はツカミの一言ふたことを。
      ダラダラ感想は「追記」で。
     3.「~して欲しかった」は禁句
     4.ネタバレ御免!

    リンクはhttp://aquavitae.blog6.fc2.com/へお願いします。関連記事のTBはフリーですが、商業広告目的や関係の無い記事のTBは、予告無く削除しますのでご留意を。

    管理人の日常BLOGはこちらへ。http://aqua-vitae.jugem.jp/

Archive

Category

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。