Admin + RSS

ヒトコトシネマ☆インプレッション

「ヒトコト」と言いつつダラダラと映画の印象を紹介。大劇場系から文芸・アニメ系。新旧問わず節操無しシネマブログです
☆気になった感想があったら
クリックしてください☆







順位が上がると管理人が喜び
がんばって更新します☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Recent Entries

Comment

Trackback

Bookmark

No. - --.--.-- (--:--) [スポンサー広告]
Title : スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラックバック(-) / コメント(-)
No.84 - 2005.04.20 (13:57) [か・き・く・け・こ]
Title : クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
★「過去と未来のせめぎ合い」を凝縮した傑作
34_kureshin09.jpg

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
2001/日本 監督、脚本:原恵一
 ⇒☆この映画を、【TSUTAYA DISCAS】でレンタルする

この映画は何度観ても、同じところで泣く。ひろしの回想シーン、階段を駆け上がるしんちゃん、「死にたくない…」と叫ぶチャコと、そっと肩を抱くケン。理屈で説明できるが、それさえ野暮と思えるぐらい、シーンひとつひとつに深い感銘がある。

かくいう私も、サントラ収録された東京タワーを駆け上る音楽を聴くたびに、ところ構わず涙する。ぐっとこみ上げる何かに、あらがえないのだ。

TVでも映画でも崩れる事がないと思われた「家族愛」が、これほど試されたストーリーはないだろう。「懐かしい世界」へ心を奪われた結果、ひろしとみさえがしんのすけ達のことを忘れる。ひまわりさえ邪険にするみさえには、恐怖すら覚えた。親が子供を捨てるのだ、これほど大きなショックはない。それでも、文字通り未来を賭けてひたすら走ったしんちゃんの姿に、陳腐な言葉はいらない。

イエスタディ・ワンスモアのケンとチャコは、現在に失望し、未来を奪おうとした。過去に戻って、かつて明るい未来を信じた時代をもう一度やり直すのだと。彼らは悪い人間ではない。大人ほど彼らに共感できると思う。彼らが放つ甘い過去の匂いは、現実で頑張ってる人ほど逆らいがたいだろう。ほんの一時、今を忘れて想い出の中で生きたいと願う人の気持ちは、否定すべきではない。

しかし、こうも言えるのだ。「自分の勝手な失望で、他人の未来を奪って良い法はない」と。ケンやチャコの行っていることは、実は、無理心中で子供を道連れにする親だったり、自分が死にきれず他人を殺す犯人と同一のものだ。大人を閉じこめ、子供を無理矢理洗脳しようとした彼らのやり方は、やはり、間違っている。その「間違い」を、身体を張って指摘したしんちゃん。しんちゃんはただ、大人になりたかっただけ。たとえ動機が不純でも、成長を止めることはできないのだ。

それを、台詞でなく、演出と動画で表現しきった原恵一と言う人のセンスは、本当に、圧倒的に凄い。

過去とは、ひたるものでも、切り捨てるものでもない。ただそこにあり、礎となって、現在の自分を支えるものなのだと思う。ひろしの「俺の人生は、つまらなくなんか、ない!」の叫び。この映画に涙した大人は彼と同じくらい主張できるのだろうか。

★★★

この映画は、いろいろなところでもてはやされた。同年上映された『千と千尋』より推す人は多い。
ただ、文藝春秋に掲載されていた快楽亭ブラック氏の文章を読んで、誉めることをちょっと控えようと思った。大人の週刊誌に掲載されているとはいえ、しんちゃんはもともと家族のものだったのだ。しんちゃんの真似をする姿に、大人は嫌悪していたのだ。それが少し大人受けする映画になったからと言って、家族から取り上げる筋合いはなかろう。
大人が誉めすぎると、権威になってしまう。しんちゃんを『権威』にしちゃいかんのだ。おすぎさんみたいに「私は嫌いだから観ない」と言ってくれる方が安心する。大人から適当に嫌われ白い目で見られている方が、逆に好きなことが出来るというもの。

それは「戦国大合戦」を経て「ヤキニクロード」で果たされるのだが、もう一回、次回作で原監督には完膚無きまでに、打ちのめされることとなる…くっ。

【人気ブログランキング!】ずるいぞ!

★映画クレしんを語る一冊!
35_kureshinbook.jpg

BOOK:クレヨンしんちゃん映画大全―野原しんのすけザ・ムービー全仕事

★「原恵一」と言う人物を考察する
アニメーション監督 原恵一アニメーション監督 原恵一
浜野 保樹

晶文社 2005-07
売り上げランキング : 21,298

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


★映画版11作まで収録したサウンドトラック
36_kureshin_cd.jpg
MUSIC:映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!サウンドトラック大全集

★挿入歌
白い色は恋人の色:ベッツィ&クリスケンとメリー 愛と風のように:花田裕之今日までそして明日から:吉田拓郎(他アーティストとのベストアルバム)
「聖なる泉:ザ・ピーナッツ」は挫折しましたorz

スポンサーサイト
トラックバック(0) / コメント(0)

← クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 / ヒトコトシネマ☆インプレッション / クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル  →

Comment

Comment Post







 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

URL : http://aquavitae.blog6.fc2.com/tb.php/84-609601ac

Home

Photo by LEBELLION Template by lovehelm


iTunes_logob_120-40.gif
耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。

★セキュリティは万全に★
・ウイルスバスター2006
・Norton AntiVirus 2006
・インターネットセキュリティスイート
ウィルスバスター・オンラインスキャン(無料)はこちら

Profile

  • LINTS
  • AUTHOR:LINTS
  • 本家:http://aquavitae.jp/

    現在はいわゆる「引っ越し中」です。五十音揃うまで、修正・校正しながら、毎日ちまちまアップします。

    アップする上での4箇条
     1.思うがままに感じたままに
     2.「本文」はツカミの一言ふたことを。
      ダラダラ感想は「追記」で。
     3.「~して欲しかった」は禁句
     4.ネタバレ御免!

    リンクはhttp://aquavitae.blog6.fc2.com/へお願いします。関連記事のTBはフリーですが、商業広告目的や関係の無い記事のTBは、予告無く削除しますのでご留意を。

    管理人の日常BLOGはこちらへ。http://aqua-vitae.jugem.jp/

Archive

Category

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。