Admin + RSS

ヒトコトシネマ☆インプレッション

「ヒトコト」と言いつつダラダラと映画の印象を紹介。大劇場系から文芸・アニメ系。新旧問わず節操無しシネマブログです
☆気になった感想があったら
クリックしてください☆







順位が上がると管理人が喜び
がんばって更新します☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Recent Entries

Comment

Trackback

Bookmark

No. - --.--.-- (--:--) [スポンサー広告]
Title : スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラックバック(-) / コメント(-)
No.53 - 2005.04.04 (15:49) [か・き・く・け・こ]
Title : 鏡[Zerkalo]
★静謐に、そして朗々と囀る映像

04_kagami.jpg

1975/ロシア 監督:アンドレイ・タルコフスキー
脚本:アンドレイ・タルコフスキー、アレクサンドル・ミシャーリン

 ⇒☆この映画を、【TSUTAYA DISCAS】でレンタルする

二十歳そこそこの頃、『サクリファイス』で映画の面白さに開眼した。それから取り憑かれたように、タルコフスキーの映画をチョイスして観に行っていた。これは3回ぐらい観たが、今観ても、きっと混乱してしまうだろう。
時間軸を越えたシーンの連続。美しく磨き込まれた場面の長回し。
聞き慣れないロシア語。全てが眠気を猛烈にそそる。なのに、忘れられない。忘れさせてくれないのだ。映像にアテられるとでも、言うのだろうか。

その後、タルコフスキーの特集番組をTVで観た時「『想像する=理解しようとする』即ち、積極的に映画に参加することなのだ」との解説に、そういうものかと何となく納得。今観たら,面白いと思えるかどうか…自分の眼が、そこまで成長しているかは、甚だ疑問ではあるが。

あの頃足りない脳味噌を絞って、うんうん唸りながら考えた結果、「映画とは頭だけで観るものでなく、全身(五感の全て)で観るものなのだ」という、ひとつの結論が出た。それは、今でも私の映画観になっているのは確かです。

【人気ブログランキング!】「想い出」と言う形を取り出したら、こんなものかもしれない
スポンサーサイト


トラックバック(0) / コメント(0)

← 風が吹くとき[When the Wind Blows] / ヒトコトシネマ☆インプレッション / 顔[Face] →

Comment

Comment Post







 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

URL : http://aquavitae.blog6.fc2.com/tb.php/53-96e1a7f7

Home

Photo by LEBELLION Template by lovehelm


iTunes_logob_120-40.gif
耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。

★セキュリティは万全に★
・ウイルスバスター2006
・Norton AntiVirus 2006
・インターネットセキュリティスイート
ウィルスバスター・オンラインスキャン(無料)はこちら

Profile

  • LINTS
  • AUTHOR:LINTS
  • 本家:http://aquavitae.jp/

    現在はいわゆる「引っ越し中」です。五十音揃うまで、修正・校正しながら、毎日ちまちまアップします。

    アップする上での4箇条
     1.思うがままに感じたままに
     2.「本文」はツカミの一言ふたことを。
      ダラダラ感想は「追記」で。
     3.「~して欲しかった」は禁句
     4.ネタバレ御免!

    リンクはhttp://aquavitae.blog6.fc2.com/へお願いします。関連記事のTBはフリーですが、商業広告目的や関係の無い記事のTBは、予告無く削除しますのでご留意を。

    管理人の日常BLOGはこちらへ。http://aqua-vitae.jugem.jp/

Archive

Category

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。