Admin + RSS

ヒトコトシネマ☆インプレッション

「ヒトコト」と言いつつダラダラと映画の印象を紹介。大劇場系から文芸・アニメ系。新旧問わず節操無しシネマブログです
☆気になった感想があったら
クリックしてください☆







順位が上がると管理人が喜び
がんばって更新します☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Recent Entries

Comment

Trackback

Bookmark

No. - --.--.-- (--:--) [スポンサー広告]
Title : スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラックバック(-) / コメント(-)
No.151 - 2005.06.13 (17:40) [さ・し・す・せ・そ]
Title : ストーカー[Stalker]
★『ゾーン』を彷徨う男達の“真実”
B00006RTTSストーカー
アレクサンドル・カイダノフスキー アナトーリー・ソロニーツィン ニコライ・グリニコ アリーサ・フレインドリフ

アイ・ヴィー・シー 2002-12-16
売り上げランキング : 1,812
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
1979/ロシア 監督:アンドレイ・タルコフスキー
脚本:アルカージー・ストルガツキー、ボリス・ストルガツキー



 【PR】30日間完全無料
宅配レンタルサービス 【TSUTAYA DISCAS】


実は私、映画を観た時、ゾーンが本当に存在するとは思えなかったのです。その真っ先に疑いを持った為、物語の中へ入ることが出来なかった。「三人の男が草ぼうぼうの草原や荒れ果てた建物を、探検ごっこのようにウロウロしてる」から思考が先に進めなかったのは、じれったかった。それでもこうして印象強く残ってるということは、『面白い・つまらない』を越えた何かがあったからだろう。

今観たら、理解できるものを見つけられるだろうか。

余談:このレビューを書き直すにあたり、Googleで検索かけたら12万件HIT、そのほとんどが犯罪関係だった…ちょっと悲しかった。
スポンサーサイト


トラックバック(0) / コメント(0)

← ストリート・オブ・ファイヤー[Streets of Fire] / ヒトコトシネマ☆インプレッション / スターリングラード[Enemy at the Gates]  →

Comment

Comment Post







 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

URL : http://aquavitae.blog6.fc2.com/tb.php/151-e67afe14

Home

Photo by LEBELLION Template by lovehelm


iTunes_logob_120-40.gif
耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。

★セキュリティは万全に★
・ウイルスバスター2006
・Norton AntiVirus 2006
・インターネットセキュリティスイート
ウィルスバスター・オンラインスキャン(無料)はこちら

Profile

  • LINTS
  • AUTHOR:LINTS
  • 本家:http://aquavitae.jp/

    現在はいわゆる「引っ越し中」です。五十音揃うまで、修正・校正しながら、毎日ちまちまアップします。

    アップする上での4箇条
     1.思うがままに感じたままに
     2.「本文」はツカミの一言ふたことを。
      ダラダラ感想は「追記」で。
     3.「~して欲しかった」は禁句
     4.ネタバレ御免!

    リンクはhttp://aquavitae.blog6.fc2.com/へお願いします。関連記事のTBはフリーですが、商業広告目的や関係の無い記事のTBは、予告無く削除しますのでご留意を。

    管理人の日常BLOGはこちらへ。http://aqua-vitae.jugem.jp/

Archive

Category

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。