Admin + RSS

ヒトコトシネマ☆インプレッション

「ヒトコト」と言いつつダラダラと映画の印象を紹介。大劇場系から文芸・アニメ系。新旧問わず節操無しシネマブログです
☆気になった感想があったら
クリックしてください☆







順位が上がると管理人が喜び
がんばって更新します☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Recent Entries

Comment

Trackback

Bookmark

No. - --.--.-- (--:--) [スポンサー広告]
Title : スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラックバック(-) / コメント(-)
No.119 - 2005.05.27 (22:09) [さ・し・す・せ・そ]
Title : サクリファイス[Offret / Sacrificatio]
★これで『映画の魅力』に開眼した
05_Sacrificatio.jpg
サクリファイス
1986/フランス=スウェーデン 監督、脚本:アンドレイ・タルコフスキー
 ⇒☆この映画を、借りてみる

それを観るまで、映画を観る意味を考えたことはなかった。

学校の課題で映画を観たり、劇場用アニメを観に行ったりした程度の私が、ふとしたきっかけで、聞いたことのない映画監督の映画を観に行った。縁とは不思議なもの。
この映画を観なかったら、『映画』と言うジャンルにここまでのめり込まなかっただろう。同時に、それまで観ていた映画は、『映画』と呼ぶに値するものだったのだろうかと思ったほどの衝撃だった。

初見の私に、その映画は決して親切ではなかった。「分かりやすく」や「説明的」な観客への配慮シーンは無く、ただただ監督の『俺様世界』が緩やかに流れる。しかし、その映像のなんと雄弁なこと! どのシーンも無駄が無く、文字通り、監督が自らの魂を削り籠めたかのよう。

驚きだったのが、流れる映像から、寒さを実感できた、ということ。静寂の中、濡れた大地を延々と撮るシーンを観ているうちに「ロシアの寒さって、みぞれが降った朝のように、湿気たように冷えるのかな」と、ぞくぞくしたのだ。小説の表現でよく書かれるものだが、まさか映画で、本当にそんな体験ができるとは思わなかった。

映像本来の持つ力と、それを引き出す監督やカメラマンの技量に、文字通り圧倒。映像のもたらす恍惚感に溺れることは、とても気持ちの良いことだと理解し、「映像が囀るように語る映画もあるのだ」と思った。そして、理解できないものを、理解できないまま受け止めることは、決して悪いことではないのだと学んだ。自分の狭量な見識に、無理矢理押し込めることは罪であることも。

未だ言葉に出来ないものが蠢いて、時折心の奥底から浮かび上がっては問いかける。その問いかけに答えられない自分がいる。もう少し、時間が必要だろう。ただ、これだけは言える。魔女との取引で得た価値を理解できるのは、アレクサンデルだけだと。

【人気ブログランキング!】「ミルク」のシーンは鳥肌もの
スポンサーサイト
トラックバック(0) / コメント(0)

← サクラ大戦活動写真[Sakura Wars The Movie] / ヒトコトシネマ☆インプレッション / サウンド・オブ・ミュージック[The Sound of Music] →

Comment

Comment Post







 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

URL : http://aquavitae.blog6.fc2.com/tb.php/119-39bb2e40

Home

Photo by LEBELLION Template by lovehelm


iTunes_logob_120-40.gif
耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。

★セキュリティは万全に★
・ウイルスバスター2006
・Norton AntiVirus 2006
・インターネットセキュリティスイート
ウィルスバスター・オンラインスキャン(無料)はこちら

Profile

  • LINTS
  • AUTHOR:LINTS
  • 本家:http://aquavitae.jp/

    現在はいわゆる「引っ越し中」です。五十音揃うまで、修正・校正しながら、毎日ちまちまアップします。

    アップする上での4箇条
     1.思うがままに感じたままに
     2.「本文」はツカミの一言ふたことを。
      ダラダラ感想は「追記」で。
     3.「~して欲しかった」は禁句
     4.ネタバレ御免!

    リンクはhttp://aquavitae.blog6.fc2.com/へお願いします。関連記事のTBはフリーですが、商業広告目的や関係の無い記事のTBは、予告無く削除しますのでご留意を。

    管理人の日常BLOGはこちらへ。http://aqua-vitae.jugem.jp/

Archive

Category

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。